読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shokosブログ

プログラミング

自分用Erlang環境構築メモ

OS:Yosemite

vimの設定

github.com

.vimrcは上記を参考に

hybridが効かないと怒られるので、

git clone https://github.com/w0ng/vim-hybrid

hybrid.vimを~/.vim/colorsにおく

NeoBundleの設定
mkdir -p ~.vim/bundle
git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

vimを起動して、:NeoBundleInstall

Erlangインストール

qiita.com

この記事を参考にした

curl -O https://download.basho.co.jp.cs-ap-e2.ycloud.jp/otp/download/otp_src_18.1.tar.gz
tar xvzf otp_src_18.1.tar.gz
cd otp_src_18.1
./configure --prefix=/opt/erlang/18.1 --enable-smp-support --enable-threads --enable-darwin-64bit --enable-vm-probes --enable-kernel-poll --enable-hipe --with-dynamic-trace=dtrace --without-javac --enable-dirty-schedulers --disable-native-libs --disable-sctp
make
make install

ディレクトリが作れないと怒られたりするので、適宜対応
パスに/opt/erlang/18.1/binを追加

opensslを最新に

標準のは古いようなので、brewで新しいの取ってくる

brew upgrade openssl

パスの順番を/usr/local/binが前に来るようにする

brew link openssl --force
which openssl